一重まぶたがコンプレックスだった私は東京で埋没法を受けました

貯めたバイト代で大学の夏休みに埋没法を受ける

最初は悩みましたが手術を受ける事で長年のコンプレックスが解消できるならと考え、大学の夏休みの間に思い切って埋没法を受ける事に決めました。
東京で手術を受けられるところは色々ありましたが、その中でも口コミの良い美容クリニックが一件あり実施際にホームページを見てもそちらで手術を受けるのが良さそうと考えて予約を入れました。
手術の前にまずカウンセリングを受ける必要があったのですが、埋没法の手術をする上でのメリットやデメリットについて詳しく教えていただきました。
その中の説明には埋没法は永久に持続する手術ではないという説明もありましたが、それでもまずは二重をできるだけ持続させる状態を作りたいと考えていたのでカウンセリングを受けた後クリニックと契約し手術を受ける事にしました。

正直手術前は目をいじるという事もあり少し恐怖感もありましたが、まず麻酔を打ってもらう事になりその麻酔が少し痛かったので恐怖感は余計に増しました。
ですが麻酔が効いてきたという事もありその後縫っていく段階では特に痛みを感じる事はなく、手術自体も10分ほどで終わったんです。
カウンセリングである程度話を聞いていたとはいえ自分が考えていたよりもあっけなく終わる手術だったので、終わった後は最初本当に自分の顔に変化があったのが疑問に感じていました。

一重まぶたがコンプレックスで常にアイプチをしていた貯めたバイト代で大学の夏休みに埋没法を受ける術後は気軽に外に出かけられすっぴんも見せられるように