一重まぶたがコンプレックスだった私は東京で埋没法を受けました

術後は気軽に外に出かけられすっぴんも見せられるように

埋没法 東京 : 埋没法東京美容外科

一重まぶたがコンプレックスで常にアイプチをしていた貯めたバイト代で大学の夏休みに埋没法を受ける術後は気軽に外に出かけられすっぴんも見せられるように

ですが鏡で自分を顔を見てみると確実に以前とは違う二重まぶたになっていたので、そこであらためて手術をしたという実感を得る事ができたんです。
最初は腫れが引かなかったという事もあり目の整形をした事が分かるような感じでしたが、二週間もすると腫れはおさまって自然な幅の二重まぶたに変わり自分でもかなり満足する出来栄えになりました。
大学へは元々アイプチをして通っていて夏休みの間に手術を受けたという事もあり、周囲に整形をしたという事がバレる事はありませんでした。
今までは外に出るたびにアイプチをしないといけなかったのですが今はその手間がなくなったので気軽に外に出掛ける事ができるようになりましたし、その後にできた彼氏の前では思いきりすっぴんを見せる事もできます。
少しばかりお金がかかったのは事実ですが東京で埋没法の手術を受けた事により今まで悩まされてきた一重まぶたから無事解放されたので、手術を受けた事は本当に正解だったと感じています。